性別問わず起きる

悩み

トイレに行くまでの間に尿をコントロールする事ができなくて、ついつい漏らしてしまったという経験をしている方は少なくありません。それを繰り返していると、毎日がゆううつな気持ちになってしまいます。なかなか人には話し辛い事なので、自分だけ尿漏れをしているのではないかと思い込み、落ち込んでしまいます。尿失禁という症状は、男性女性関係なく誰でも経験をする事なのです。尿漏れを起こさないためにも対策が必要となります。

これらは主に中高年の男女が尿失禁に悩んでいるといわれていますが、最近では、20代や30代の若い方の間でも、尿失禁に悩んでいるのです。尿失禁の症状にはいろいろな種類があり、お腹にちょっとでも力を入れただけで尿漏れをしてしまう腹圧性尿失禁、トイレに行くが間に合わず尿漏れを起こしてしまう切迫性尿失禁、残尿が溜まっていき自然と溢れてしまって尿漏れをしてしまう溢流性尿失禁などがあります。

男性と女性の尿失禁の症状には違いがあります。男性の場合ですと、年齢を重ねると同時に前立腺が肥大していきます。そうすると、尿が出にくい状態となってしまい尿失禁になってしまいます。尿失禁に悩んでいる女性の多くは、骨盤底筋が弱くなる事で膣のゆるみが生じてしまい、尿失禁になってしまいます。膣のゆるみ対策を行う事でも改善する事が出来るのです。

対策を行う事で改善する事が出来ますし、尿失禁になってしまった方の治療方法として、運動をする事で筋肉を鍛えるという運動による治療、薬を使った治療方法、手術を行なって改善する方法があります。手術を行わずに尿失禁を改善したい方の多くは運動による治療方法を行なっています。また、尿失禁ならないための対策を行う事で、事前に防ぐこともできるのです。