尿漏れを防ぐ体操

女性

尿失禁は、年齢を重ねると同時に身体の筋肉が衰えてくるため起きてしまいます。そのためにも、毎日の生活の中に運動を取り入れるようにする事が大切です。

尿失禁に悩んでいる多くの方の場合ですと、骨盤底筋を鍛える事で尿漏れを防ぐ事ができます。さらに、膣のゆるみも改善する事ができるのでより良い効果を実感する事ができます。

尿失禁の対策方法として、骨盤底筋体操というものがあります。まず、身体をリラックスさせます。自分が楽な姿勢であれば、立った姿勢でも良いですし、座った姿勢でも良いですので、どれかの姿勢になります。男性であれば肛門をキュッと閉めるように力を入れます。女性であれば膣をキュッと閉めるように力を入れます。イメージとしては、おしっこの漏れを止めるような感じになります。毎日40セットを目安に行う事で、骨盤底筋を鍛える事が出来ます。これを習慣付ける事で改善にもつながりやすくなります。

骨盤底筋体操は、いろんな姿勢で行う事も出来ます。たとえば、よつんばいの姿勢でしたり、仰向けでの姿勢でも行う事が出来ますので、自分の行いやすい姿勢で試して尿失禁の改善を試みると良いでしょう。早く改善しようとたくさん運動をしたりして、身体に負担をかける事がありますが、症状を治すには時間をかけてゆっくり行う事も大切です。

筋肉は使わなくなると、どんどん衰えていきますので、毎日の生活の中に運動する事を心掛けるのも尿失禁を防ぐ事が出来ます。尿失禁だけではなく、健康な身体づくりをする事ができるので、病気やケガをしにくくなるのです。